岸本建設情報通信|和歌山のリフォーム・外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店岸本建設

MENU

見積無料診断無料
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-435-055受付時間9:00~18:00

  • リフォームの相談がしたい ショールーム来店予約
  • リフォームの費用を知りたい お問い合わせ・ご相談

岸本建設情報通信STAFF BLOG

HOME / 岸本建設情報通信 / 【和歌山市】雨漏りによる二次災害に注意!|和歌山市リフォームと屋根外壁塗装専門店 屋根塗装外壁塗装コラム

【和歌山市】雨漏りによる二次災害に注意!|和歌山市リフォームと屋根外壁塗装専門店 屋根塗装外壁塗装コラム

屋根塗装外壁塗装コラム

2021.05.27 (Thu) 更新

皆さんこんにちは(≧◇≦)

和歌山市、海南市、岩出市、リフォームと屋根外壁塗装専門店の岸本建設です!!

 

雨漏りが起こると、室内に雨水が垂れてくるだけでなく、

早期に適切な処理を取らなければ、必ず二次災害が発生します。

ですが、直ぐに気付ける雨漏りもあれば、中には分かりにくい雨漏りもあり、

その雨漏りを長期間放置してしまうと、二次災害の規模が大きくなってしまいますので注意しましょう。

今回は雨漏りの二次災害の中でも、『カビ』の発生についてご紹介していきます!

 

雨漏りの二次災害とは

 

雨漏りによる二次災害とは、雨漏りが生じることで湿気や水により、建物へのダメージや悪影響を及ぼす事です。

具体的な二次災害の例として、「躯体の腐食」「シロアリの発生・繫殖」「シミ・カビの発生」「漏電」などがあります。

二次災害が進行すればするほど、深刻な被害になり、

修理工事を行うにも費用が高額になってしまう可能性もありますので、早期的な対応が重要なのです。

 

どこからカビは発生する?

 

天井にカビが発生する原因

水は流すと高い所から低い所へ流れますので、雨漏りが発生した場合、

雨水の入り口から住宅の色々な場所を通り、最後は一番低い場所へ溜まります。

雨水の溜まった場所は、湿気が常に充満していますのでカビが発生します。

そのため、天井裏は特に乾きづらく、天井裏に雨水が溜まってしまうと

カビが発生しそのカビが室内表面にまで発生してしまいます。

場合によっては、室内表面には生じず天井裏にだけ広がるケースもございます。

 

雨漏りが少量でもカビは生じます

「雨漏りしてるけど、少量だから大丈夫」「風向きによっては漏ってこないから大丈夫」などと

漏っている量や漏る時の天候等により、雨漏りを軽くとらえてしまう方もいらっしゃいます。

ですが、結論から申し上げますと、雨の漏る量が少なくても多くても二次災害は起き、カビも発生します。

カビというモノは、適度な温度・水分と栄養があれば発生するもので、繫殖を繰り返します。

ですので、雨の漏る量や雨の漏る状況などに限らず、雨漏りが起こったら適切な対処をしましょう。

 

カビを放置して起こる事態

 

雨漏りを放置する事で、部屋内の壁内部や天井裏などで、カビが発生・繫殖している場合がございます。

このような状態になってしまうと、住宅だけではなく人体への健康被害にまで及び

頭痛やめまいなどのアレルギー症状を引き起こしてしまうのです。

 

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、岸本建設まで是非一度ご相談ください(^O^)/

 

  • ショールーム紹介
  • スタッフ紹介

ご質問・ご相談にプロのリフォームアドバイザーがお答え致します!

0120-435-055受付時間 9:00~18:00

メール・お電話でも
お気軽にご連絡下さい

0120-435-055受付時間9:00~18:00

ご質問・ご相談にプロの
リフォームアドバイザーが
お答え致します!

メールお問い合わせはこちら
  • 岸本建設ショールーム
  • 協力会社様募集