岸本建設情報通信|和歌山のリフォーム・外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店岸本建設

MENU

見積無料診断無料
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-435-055受付時間9:00~18:00

  • リフォームの相談がしたい ショールーム来店予約
  • リフォームの費用を知りたい お問い合わせ・ご相談

岸本建設情報通信STAFF BLOG

HOME / 岸本建設情報通信 / 【和歌山市】高圧洗浄は必要?水道料金はどうなる?|和歌山リフォームと屋根外壁塗装専門店

【和歌山市】高圧洗浄は必要?水道料金はどうなる?|和歌山リフォームと屋根外壁塗装専門店

屋根塗装外壁塗装コラム

2021.01.25 (Mon) 更新

皆さんこんにちは!

和歌山市、海南市、岩出市、リフォームと屋根外壁塗装専門店の岸本建設です( ^^) 

 

 

外壁塗装を行う際、必ず一番初め(塗装作業や養生作業よりも前)に高圧洗浄というもの 行いますが、

実際のところなぜ高圧洗浄が必要なのか、皆さんは分かりますか?

外壁塗装工事は決して安い買い物ではございません。

高圧洗浄も外壁塗装工事費用の一部であり、大金を支払うからには

なぜその作業が必要なのかを、しっかりと理解したいところです。

今回は、高圧洗浄を施す理由などをご紹介させていただきます(^^)/

 

 

1.高圧洗浄とは

 

高圧洗浄とは、専用の洗浄機から高圧で水が放出され、外壁や屋根のコケなどの汚れを落とす事です。

新築時や前回塗装から数年・数十年経った建物には、コケ・カビ・チョーキングなどの汚れが蓄積され、

旧塗膜の剥がれやサビなど生じていますので、それらを除去するために外壁塗装前には必ず高圧洗浄を施します。

皆さんの身近にある洗浄機というと、コイン洗車機の洗浄機だと思いますが、この洗浄機の圧力は約80キロ圧です。

対して、高圧洗浄機の圧力は約100~150キロ圧となり、倍とまではいきませんが 洗車機の洗浄機よりも強いものだとイメージしてください。

30年ほど前までは、精度の良い洗浄機がなくブラシなどを用いて手作業で行われていました。

現在でも、高圧洗浄は必要ないという昔ながらの職人さんはいますが、外壁塗装は下地が命ですので

仕上りを良くする為には、まずはしっかりと汚れを落とすことが重要です。

 

 

また、100~150キロもの圧力で洗える洗浄機でも、洗浄作業には丸一日かかります。

建物の大きさにもよりますが、建物が大きければ もちろんそれに比例した時間が掛かってしまいます。

それを手作業でやるとなると、洗浄だけで1週間くらいかかってしまうのではないでしょうか。

作業効率も落ちてしまい、仕上がりにも影響を与えますので、洗浄は高圧洗浄機を使って行いましょう。

 

2.高圧洗浄をしっかり行わないと早期剥がれの原因になる

 

外壁に塗料を塗装すると塗膜が形成され、その塗膜が紫外線や雨風から外壁を守ってくれますが、

形成された塗膜が外壁にしっかりと密着していなければ、塗膜は簡単に剥がれ落ちてしまい意味がありません。

外壁には十数年分の汚れやゴミが蓄積されていますので、高圧洗浄によりその汚れやゴミを全て除去し

“塗装のできる下地”を作り出すのです。

外壁に付着しているゴミをしっかり落とさないと、どんなに良い塗料を使ったとしても

半年~1年程で塗膜が剝がれてしまう事がありますので、注意が必要です。

よって、ホコリなどのゴミが外壁に付着したままだと、塗料が外壁面にしっかり密着しないため

短いスパンで塗膜剥離が起きてしまいます。

順序としては、

1.高圧洗浄により外壁に蓄積された汚れ・ゴミを落とし、塗装のできる下地を作る

2.塗料を塗り、紫外線や雨風から外壁を守るための”塗膜”を作る

3.塗膜が形成される事で外壁が守られ、住宅の健康が維持できる

と言ったロジックになります。

 

3.高圧洗浄の際に必要な水道代

 

高圧洗浄を行うとなると『水』が必要不可欠ですが、高圧洗浄に使用される水は

工事を行う際に建物に備え付けられている水道からお借りする事になります。

そのため、高圧洗浄時に使用する水の水道料金はお客様負担になるのです。

ここでは、この「高圧洗浄にかかる水道代」についてご紹介していきます。

 

 高圧洗浄にかかる水道費用

高圧洗浄の水道代は、お施主様負担になってしまいますが、皆さんがご想像されているほど高くはありません。

確かに、高圧洗浄では多くの水を使用します。

また「工事が始まる直前まで知らなかった」という方も多く、

水道代はどれくらいかかるのか、不安に思っている方も少なくありません。

見積り書にも、『水道の無償提供をお願いします。』などと書かれていますが、

料金は記載されておりませんので、不安になる気持ちもすごく分かります。

それでは、ご説明していきましょう。

業務用高圧洗浄機の吐出水量は、大体1時間当たり600ℓです。

そして、実際に高圧洗浄を行う時間は、5~6時間程になります。

これを計算すると、使用する水量は600×6時間=3600ℓになります。

お風呂の浴槽を1回溜めると、水の使用量は大体250ℓですので、高圧洗は約15倍の水を使用する事となります。

この様に聞くと 一見、ビックリするほど多い!と感じると思いますが、金額に換算しますと

東京の水道局の場合、1ℓあたり0.2円ですので、0.2×3600=720円となります。

よって、高圧洗浄の水道代にかかる費用は、大体数百円~1000円ほどなのです。

 

4.おまけ

水道代が掛かるのなら、電気代もかかるのでは?と思われた方もいるかもしれません。

お見事!その通り、作業により電気代が掛かる場合もございます。

しかし、電気代の掛かる作業は高圧洗浄とは異なり、丸一日かかるような作業ではなく

むしろ数分、数十分と電気代は微々たるものなのです。

主に、以下の作業で電気を使用します。

◆ ケレン:サビや旧塗膜の除去を行う際、電動工具を使用する場合。

◆ 攪拌:塗料の種類により、材料を混合させる為、撹拌機を使用する場合。

この2点になります。

 

 

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、岸本建設まで是非一度ご相談ください(*^^)v

 

  • ショールーム紹介
  • スタッフ紹介

ご質問・ご相談にプロのリフォームアドバイザーがお答え致します!

0120-435-055受付時間 9:00~18:00

メール・お電話でも
お気軽にご連絡下さい

0120-435-055受付時間9:00~18:00

ご質問・ご相談にプロの
リフォームアドバイザーが
お答え致します!

メールお問い合わせはこちら
  • 岸本建設ショールーム
  • 協力会社様募集