リフォーム初心者の心得|リフォームと増改築なら和歌山県和歌山市の岸本建設

MENU

見積無料診断無料
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-435-055受付時間9:00~18:00

  • リフォームの相談がしたい ショールーム来店予約
  • リフォームの費用を知りたい お問い合わせ・ご相談

リフォーム初心者の心得FOR BEGINNERS

HOME / リフォーム初心者の心得 / リフォームの適正費用

リフォームの適正費用

リフォームの適正費用

リフォームの
「相場はいくらなんだろう?」

知っておいていただきたいのは”適正価格”!

リフォームをする際に一番気になることは、
「一体いくらかかるの?」
「安くできる?」
「相場はいくらなんだろう」

といった、予算・価格に関わることだと思います。
実際にお問い合わせいただいたお客様の多くから金額についてのお話をご相談いただくことが多くあります。
リフォーム工事に関する金額に関して、是非知っておいていただきたいのは”適正価格”という考え方になります。
当然リフォームの内容によってその金額は変動するものですが、リフォーム工事を成功させるためにはリフォームしたい箇所の施工事例やチラシ価格、HP価格を見ながら、
最適なリフォーム相場を知ることをおすすめします。

リフォームの金額は、<商品代+工事費>で構成されています。
「最適なリフォーム費用」とは、この商品代と工事費のそれぞれが妥当な金額であることです。
商品代に大幅に利益が載せられていると金額が高くなったり、あまりにも工事費が安く職人が最低賃金のレベルで働いていたりすると施工不良につながるなど、適正価格でないことによる弊害は大きなものがあります。

高すぎるリフォームに注意

住宅リフォームは半製品と呼ばれる商品であり、施工するまでは完成イメージが湧きずらいものです。スーパーやコンビニで販売している目に見える商品ではなく、金額も大きな工事が多いので気軽な買い物ではない上、相場が非常に分かりにくいのが現状です。
リフォーム業者の中にはこの状況を悪用して、「お客様は良く分かっていないから、利益を上乗せして高額で売りつける」悪徳業者も存在しています。

また、不要な追加工事をお客様に無断で勝手に行って、追加請求をする会社もあります。
確かに、家の構造によって、リフォーム工事中に新規で追加工事が生じるケースもあります。
たとえば、床下が腐っている、シロアリにやられている、長年の使用により水廻りが想像以上に劣化しているなどが施工中に判明した場合リフォームの前に、
その部分の修繕工事が必要になるからです。
このようにやむをえず必要な工事が追加になることはありますが、悪徳業者の場合、必要ではないのに勝手に追加工事を見積りに含め、
「キッチンリフォーム一式 ○○万円」などと内容が曖昧で高額な内容の契約を結ばせようとする傾向にあります。
見積りが詳細ではなく一式表記で丁寧な説明がない場合は注意が必要です。

大幅な値引き交渉に注意

とにかく安くリフォームしたいとお考えの方もいるかと思います。
お見積り金額をできるだけ安くするために、何社も見積もりをとり、リフォーム会社同士を価格で競争させようとするお客様もいらっしゃいます。
しかし、安かろう悪かろうでは高品質のリフォーム工事を受けることはできないのです。

お客様者側が契約を渋った際に、業者によっては値引き交渉を行い何十万にも大幅な値引きを行う業者もいます。
初めから膨大な利益を乗っけることなく適正価格のお見積りが作成されていれば、同じ仕様で同じ商品のものを大幅値引きすることはできるわけありません。
商品代はメーカーとの契約があり変えることが出来ませんし、適正価格から値引きをしてしまっては業者も施工するメリットがないからです。
また、工事費を割り引く場合職人さんのお給料をさげることに繋がります。
これが職人による手抜き工事を誘発する原因となります。
また、安いお給料で雇うことができる職人さんは、新人さんやまだまだ熟練でない職人であることがほとんどで、良いリフォーム工事を提供することができません。
このような値下げパターンは、リフォームした後に施工不良などの不備が見つかり、後悔の残るリフォームになってしまうことが多いです。
したがって、安易に値段の安い・大幅な値引きを行うリフォーム業者に依頼することは危険であるといえます。

工事内容を詳細にチェックして金額の妥当性を確かめる!

お見積り金額が適正価格かどうかを判断する際に最も注意していただきたいポイントが工事内容です。
商品自体の品質や機能は大手メーカーなどが作成しているものであり、よっぽど劣悪な管理をしている悪徳業者でない限り、どの業者に依頼しても遜色ありません。
それに対して、リフォーム会社が他社よりいいサービスを提供することができるのが、工事品質を高めること、リフォーム工事内容を充実させることです。

「激安でリフォームできる!」と思われる会社のお見積でも、工事内容を詳細に見てみると、標準工事内容が「養生」と「取付」 だけの場合も極めて多くあります。
養生と取付だけではリフォーム工事はできないのが現実です。
大手リフォーム会社の場合は特にその傾向が強く、価格だけに惑わされないように注意が必要です。
基本工事内容に、「配送料」や「組立」、「給排水管工事」や「廃材処理」などのリフォーム工事で発生する費用が 含まれたうえで安いのであれば問題ありません。
ですが、必要な工事費を抜いて安く見せている会社にリフォームを依頼すると契約後に、別途追加料金が生じ、予定よりも費用が多くかかってしまう場合があります。

たとえば、インターネッ トで「リフォーム値段」と検索すると、適正料金の解説サイトなども多く見ることができます。
さらに商品の値段は、メーカーの定価 で販売されることはほとんどありません。
商品自体のの適正な金額を知るためには、リフォーム会社のチラシやHP、ショールームに足を 運んで見たり、聞いたりしながら、基本的な相場感を含めた知識を身につけていくことが大切です。

  • ショールーム紹介
  • スタッフ紹介

ご質問・ご相談にプロのリフォームアドバイザーがお答え致します!

0120-435-055受付時間 9:00~18:00

メール・お電話でも
お気軽にご連絡下さい

0120-435-055受付時間9:00~18:00

ご質問・ご相談にプロの
リフォームアドバイザーが
お答え致します!

メールお問い合わせはこちら
  • 岸本建設ショールーム