岸本建設情報通信|和歌山のリフォーム・外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店岸本建設

MENU

見積無料診断無料
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-435-055受付時間9:00~18:00

  • リフォームの相談がしたい ショールーム来店予約
  • リフォームの費用を知りたい お問い合わせ・ご相談

岸本建設情報通信STAFF BLOG

HOME / 岸本建設情報通信 / 【和歌山市】外壁タイルが剥がれる!?和歌山市リフォームと屋根外壁塗装専門店

【和歌山市】外壁タイルが剥がれる!?和歌山市リフォームと屋根外壁塗装専門店

屋根塗装外壁塗装コラム

2021.03.23 (Tue) 更新

こんにちは(‘ω’)ノ

和歌山市、海南市、岩出市、リフォームと屋根外壁塗装専門店の岸本建設です‼

 

マンションやアパート、一般住宅でも 外壁にタイルがシヨウされている建物は多く、

耐候性が高く、高級感のある外観から人気の高い外壁材ですが、剝離してしまう事で大きな事故にも繋がりかねません。

今回は、タイルが剝離してしまう原因についてご紹介させていただきます!

和歌山市 外壁塗装

 

タイルの剝離原因とは?

 

経年劣化

まず最初に上げられる原因として「経年劣化」です。

外壁は風雨や直射日光に常にさらされ、タイルは外気候の影響を受けにくいと言われておりますが、

それはあくまで「タイルそのもの」の事です。

外壁は気温が高くなれば膨張し、低くなれば収縮します。

この膨張と収縮の差は決して大きくありませんが、何年も繰り返していると接着剤の劣化に繋がるでしょう。

接着剤が剥がれてしまえば当然タイルも剥離してしまいます。

 

たたき不足

次に上げられる原因は、「たたき不足」です。

タイルを接着する際、ただボンドなどを使い取りつけていくだけでなく、タイルを強く圧迫して下地に圧着させます。

この作業を「たたき」というのですが、施工時にこのたたきが不足していると、やがて外壁タイルが剥離していくのです。

 

モルタル材の不良

あまり質のよくないモルタルで接着されたタイルは、

その分 剥離までの期間も短くなり、早い段階で剥がれてしまいます。

現在は 建築基準が厳しくなりましたが、十数年前はいい加減な施工をする会社もゼロではありませんでした。

また、安価なモルタル材は質が悪い場合も多かったのです。

ですが 建築基準が厳しくなった今では、ゼロとは言えませんが モルタル材の不良も少なくなってきています。

 

左官の技術不足

外壁タイルの施工工事を行うのは、左官屋さんです。

これまでいくつか原因を上げてきましたが、根本的な原因として

左官屋さんの腕がよければ外壁タイルは落下しにくくなります。

ですが手抜きなどではなく、外壁タイルの需要が増えるにつれて、腕の未熟な施工者が施工を行うことも増えてきました。

外壁タイルを圧着する際は、下地をきれいに清掃して接着剤をタイルにまんべんなく付けなければなりません。

しかし、施工者の腕が未熟だと 下地の清掃不足でゴミが下地についたままだったり、

接着剤が均等にタイルについていなかったりします。

そう言った理由からタイルも剥離しやすくなります。

 

 

以上、4つの外壁タイル剝離理由をあげてきましたが、原因がこれだけという事はありません。

ですが、何かが壊れるということは 必ずしも理由があります。

施工を始めるにあたって、理由や原因を突き止めなければ いつまでたっても不良のままになってしまうので、

皆さんもお家の工事をする際には、施工業者さんに原因をしっかりと見つけてもらいましょう!

 

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、岸本建設まで是非一度ご相談ください(^O^)/

 

  • ショールーム紹介
  • スタッフ紹介

ご質問・ご相談にプロのリフォームアドバイザーがお答え致します!

0120-435-055受付時間 9:00~18:00

メール・お電話でも
お気軽にご連絡下さい

0120-435-055受付時間9:00~18:00

ご質問・ご相談にプロの
リフォームアドバイザーが
お答え致します!

メールお問い合わせはこちら
  • 岸本建設ショールーム