岸本建設情報通信|和歌山のリフォーム・外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店岸本建設

MENU

見積無料診断無料
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-435-055受付時間9:00~18:00

  • リフォームの相談がしたい ショールーム来店予約
  • リフォームの費用を知りたい お問い合わせ・ご相談

岸本建設情報通信STAFF BLOG

HOME / 岸本建設情報通信 / 【和歌山市】瓦屋根が落ちてきた!?瓦屋根の修理方法とは|和歌山市リフォームと屋根外壁塗装専門店 屋根塗装外壁塗装コラム

【和歌山市】瓦屋根が落ちてきた!?瓦屋根の修理方法とは|和歌山市リフォームと屋根外壁塗装専門店 屋根塗装外壁塗装コラム

屋根塗装外壁塗装コラム

2021.05.17 (Mon) 更新

皆さんこんにちは!

和歌山市、海南市、岩出市、リフォームと屋根外壁塗装専門店の岸本建設です( ^^)

 

 

地震や台風の多い日本では、瓦が飛んでいってしまったなどのニュースも多く、日本各地では被災されている方が多くいらっしゃいます。

屋根は雨漏りを防いだり、強い日差しを避けたりと、私たちの暮らしに欠かせない存在です‼‼‼

しかし、劣化が進んでしまえば耐久性は衰え、瓦が割れたり飛ばされたりと、私たちの当たり前の暮らしは一転する事となるでしょう。

今回のブログでは、瓦屋根の『修理』について詳しくご説明していきますね(^O^)/

 

 

瓦の修理方法

 

瓦屋根の修理方法は大きく2種類に分かれ

壊れた箇所だけを直す『部分補修』と

屋根全体を直す『葺き替え』となります。

部分補修から順番にご説明していきたいと思いますよ~(*´▽`*)

 

 劣化した瓦の交換

和歌山

瓦は台風や地震などの影響により負担がかかり、間違いなく傷みが生じます。

実際に目に見える傷みでなくても、永久的な耐久性を持っている訳ではありませんので、

瓦は少しずつ少しずつ劣化し、その経年劣化に耐えられずズレてしまったり、欠けてしまうのです((+_+))

このような場合は、傷んだ瓦だけを部分的に交換します‼‼

屋根は日ごろから見える位置にないため、日々の生活の中で気づくケースは少なく

ほとんどの場合が「雨漏りしてから」「瓦に何か起きてから」瓦の劣化に気付きます。

しかし、雨漏りしてから気付いた場合、手遅れな状態が多く、建物の内部に雨が染みこんでしまっています。

ですので、台風や豪雨・地震の起きた後には近くの屋根業者に瓦の状態を見てもらいましょう(*’▽’)

 

 漆喰の塗り直し

和歌山

漆喰とは石灰岩を焼いて水を加えた水酸化カルシウムで、実は私たちも良く目にした事のある

学校のグラウンドに線を引いていた、あの白線の粉と同じ原料です‼

そして、屋根に施されている漆喰は、屋根の一番高い位置にある「棟」の台土を守るために、塗り込まれています。

瓦が無傷の場合でも、自然災害や経年劣化によって漆喰の方が先に傷んでしまう事もあります。

漆喰の剥がれは『雨漏りの原因』にもなりますので、瓦の交換が必要ない場合でも

漆喰の塗り直しを行いましょう(=゚ω゚)ノ

 

 瓦屋根の葺き替え工事

和歌山

瓦屋根の工事では部分工事の他に、『葺き替え工事』というものがございます。

こちらは、屋根全体の工事になりますので、全ての瓦を新しい物に交換する大掛かりな工事です。

瓦の耐久性は瓦の種類によって異なり、短いもので20~30年ほど、長いもので50~80年の耐久年数があります。

「意外と長いじゃん!」と思われる方も多いと思いますが、戸建て住宅で屋根が瓦のお家は

人生に一度は葺き替え工事を行う事になります。

瓦の葺き替え工事は「ただ単に瓦だけを剝がして新しい物に変える」という簡単な工事ではなく、

瓦の下地となる野地板の張り替えや、瓦と瓦を繋ぐ棟板金工事なども必要です。

工事費用や工事規模が大きくなりますので、計画的に葺き替え工事を行いましょう!(^^)!

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、岸本建設まで是非一度ご相談ください(^O^)/

 

  • ショールーム紹介
  • スタッフ紹介

ご質問・ご相談にプロのリフォームアドバイザーがお答え致します!

0120-435-055受付時間 9:00~18:00

メール・お電話でも
お気軽にご連絡下さい

0120-435-055受付時間9:00~18:00

ご質問・ご相談にプロの
リフォームアドバイザーが
お答え致します!

メールお問い合わせはこちら
  • 岸本建設ショールーム
  • 協力会社様募集