岸本建設情報通信|和歌山のリフォーム・外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店岸本建設

MENU

見積無料診断無料
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-435-055受付時間9:00~18:00

  • リフォームの相談がしたい ショールーム来店予約
  • リフォームの費用を知りたい お問い合わせ・ご相談

岸本建設情報通信STAFF BLOG

HOME / 岸本建設情報通信 / 【和歌山市】外壁塗装の色の選びはどうやって決めればいいの?|和歌山のリフォーム・外壁塗装専門店

【和歌山市】外壁塗装の色の選びはどうやって決めればいいの?|和歌山のリフォーム・外壁塗装専門店

皆さんこんにちは!

和歌山市、海南市、岩出市に地域密着のリフォーム・外壁塗装専門店の岸本建設です(^_-)-☆

 

 

今回のブログでは、外壁塗装の色選び方法の注意点と絶対に失敗しないコツと流れをご紹介していきたいと思います!

和歌山市

外壁塗装の色選びは服を選ぶときのように自分が好きな色を選ぶだけだったり、

車の色をカタログの色の中から選ぶだけというものではありません!

外壁塗装をした後は10年程はその色のままなので、色選びは非常に重要です。

失敗しない外壁塗装の色選びと具体的に実践できる事をお伝えしたいと思います。

 

 

外壁塗装の色選びにおける一般的な知識と注意点

 

では、始めに 外壁塗装の色を選ぶとき見落としがちな注意点と基本的な知識をまとめてみました。

 

試験塗り(試し塗り)をしてもらう

一部の業者さんの対応ですが、家の壁に試験塗り(試し塗り)を行ってくれる業者さんもいます。

また、常にその様なサービスを行っている場合でなくても、

頼んでみたらみたらやってくれる業者さんもいるかもしれませんので、一度 相談してみるのも一つの手ですね。

試験塗りというのは、実際にご自身の家の壁に候補の塗料を塗る作業です。

ここまで来ると、その業者さんに決めた後でないと難しいですが、実際に塗ってもらうので色選びのミスを限りなく抑えることができるでしょう。

試験塗りは1㎡以上の大きめの範囲でないと判断出来ないので、試し塗りをお願いする際は しっかりと伝えましょう。

また、そこでも一昼夜、出来れば天気が悪い日、良い日も含めて確認してください。

実際に塗られた外壁がどう見えるのかを確認出来ます。

 

白とか黒は汚れが目立ちやすい?

非常にきれいに見える白や黒は、実際は汚れが目立ちやすい色として外壁にはあまり向いていません。

一般住宅の外壁は劣化とともに確実に汚れがついてしまう上に、

汚れはじめる(塗装の力が失われつつある)時期の方が長いので、

汚れは目立ちにくい色にした方が良いと思います。

勿論、ガルバリウム鋼板などの窯業系サイディングボードや、

金属系サイディングボードは真っ黒な漆黒のイメージがありますが、

それでも実は、キズやちょっとした汚れが全部白く際立ってしまうので、近くで見るとみると汚れが目立つ傾向があります。

黒すぎる色は、住む家には向いていないと思う方もいるようです。

それでも真っ白や真っ黒などの色が良いという場合は、白、黒の中でも馴染みやすい色を選び、

丁寧に色選びを行ってくれる業者さんにお願いするのがベストだと思われます。

 

赤、青など原色系は経年劣化で古びて見える

真っ赤、真っ青などの原色系の色は、経年劣化で色が薄くなっていく事を考慮する必要があります。

色が薄くなっていくと、古びた感じに見えTRしまいます。

実際建物は古くなっているので、どのような色にしたとしても古く見えるのは仕方のない事ですが、

原色系の色は その傾向が顕著に表れます。

古く見えないよう、定期的に適切なメンテナンスを行えば、

どのような色でも古い感じを出さずに長く外壁の色を楽しむことが出来ます。

そのようなことを出来るのは、塗って終わりという外壁塗装業者よりも、

長い付き合いができる外壁塗装業者を選びましょう。

 

周りの景観にも配慮する必要がある

個性が重んじられる時代ではあるのですが、周りの家がクリーム系、暖色系なのに、

自分の家だけ透き通るようなブルーを選んでしまった場合、景観が損なわれてしまいます。

お家自体は、とっても良い仕上がりなのに 周りの景観との相性が悪く、あまり良く見えないとか

せっかく新しく生まれ変わったお家なのに、そんな事にはなりたくないですよね…。 

その様なことを未然に防ぐ為にも、個性を主張するのは目立たない所だけにして、

多くの家の中の一つ、街の構成要素の一つである事を認識した方が 後の失敗を回避することが出来ます。

 

服を選ぶときのように好きな色を選んではダメ

外壁塗装の色を考える時に、「ピンクが好きだからピンクを選ぼう」と

自分の洋服を選ぶ感覚で選んでしまう方もおられます。

外壁は街との調和や、長期間の劣化に耐えうるか、見た感じがキレイかどうか、

家全体の調和はどうかなど様々な事を考えた上で決める必要がありますので

慎重に選び入念な話し合いの末、決断しましょう。

 

家の周りを散歩しながら色を考えてみる。

最初から黄色!と決めるのではなく、淡い系のような感じでぼんやりとした雰囲気をイメージしていきます。

グレー系、ブラウン系、クリーム系、オレンジ系、ブルー系どれでも構いません。

意識しながら家周辺を散歩をしたり、仕事の出勤時や 帰り道等を利用して 自分の家にあった系統を探してみましょう。

近所の家を散歩して考えるのが実はとても大事なポイントです。

周りの景観も見ながら、地域に溶け込む色を考えることが出来るからなのです。

地域の家を見るときに大事な事は晴れている日、曇りの日にも気を遣う事です。

家は天気によって色々な見え方をするので、天気も考慮する必要があります。

またそれだけではなく、朝、昼、夜の時間帯も気にしてみましょう。

 

色はいくつ使用するのかと二色以上にする時のの注意点

単色が無難であることは間違いないですが、最近はおしゃれな感じで二色使う場合もあります。

二色使ったツートンカラーの家の場合、選ぶ色は例えば「青と赤」のように

全く違う色は選ぶことが出来ない訳では無いのですが、おすすめは出来ません。

見た目が非常に派手になってしまう為、周りの方々に不快感を与えてしまったり、あまり良い色合いにはならなからです。

ツートンカラー仕上げの時は、

調和がとれた同系色で選ぶ(クリーム色と、クリーム色をちょっと色を薄くした色とのツートンカラーなど)か、

彩度が同じぐらいの色を選ぶ(同じような薄さのクリーム色と薄緑色など)のが良いとされています。

この時の2色の割合は6:4か7:3あたりが良いとされています。

二色の境目にもう一本色をアクセントカラーとして入れる場合があります。

一番多い色をベースカラー、もう一色をアソートカラー、一番少ない差し色をアクセントカラーと言います。

多く選んだとしても三色までが限度とされています。それ以上色を多くしてしますと統一感のない家になってしまいます。

ツートンカラーの外壁塗装を塗る場合は、色選びも重要ですし、きれいに施工する業者を見つけることも非常に重要です。

 

 

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、岸本建設まで是非一度ご相談ください(^O^)/

 

 

外壁塗装・屋根塗装の事なら岸本建設へなんでもご相談ください!

和歌山・南大阪地域密着38年・施工実績13,120件以上🏠

外壁塗装・屋根塗装専門店ショールームopen

岸本建設自慢の<<施工実績>>を是非ご覧ください!

和歌山地域密着の自社ショールームへのご来店予約がこちらから!

お客様からの声はこちらからご覧いただけます!

☑ 話しを聞く

だけでもOK👌

☑ お見積もりだけでもOK👌

まずは無料診断から☺

広島市 外壁塗装

 

  • ショールーム紹介
  • スタッフ紹介

ご質問・ご相談にプロのリフォームアドバイザーがお答え致します!

0120-435-055受付時間 9:00~18:00

メール・お電話でも
お気軽にご連絡下さい

0120-435-055受付時間9:00~18:00

ご質問・ご相談にプロの
リフォームアドバイザーが
お答え致します!

メールお問い合わせはこちら
  • 岸本建設ショールーム
  • 協力会社様募集