岸本建設情報通信|和歌山のリフォーム・外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店岸本建設

MENU

見積無料診断無料
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-435-055受付時間9:00~18:00

  • リフォームの相談がしたい ショールーム来店予約
  • リフォームの費用を知りたい お問い合わせ・ご相談

岸本建設情報通信STAFF BLOG

HOME / 岸本建設情報通信 / 【和歌山市】外壁塗装が剥がれる!?その原因は??|和歌山市リフォームと屋根外壁塗装専門店

【和歌山市】外壁塗装が剥がれる!?その原因は??|和歌山市リフォームと屋根外壁塗装専門店

屋根塗装外壁塗装コラム

2021.03.29 (Mon) 更新

こんにちは(*^^)v

和歌山市、海南市、岩出市、リフォームと屋根外壁塗装専門店の岸本建設です!(^^)!

 

前回のお話しでは、外壁塗装の塗膜が剥がれることで起こるリスクを、ご紹介いたしました。

塗膜剥離は施工不良が原因で起こる、と説明もしましたが

今回はどのような施工不良が原因で、結果的に塗膜剥離が起こるのかをご紹介していきたいと思います!

こちらも是非、最後までご覧ください(^^)

 

外壁塗装の塗膜が剥がれる原因とは?

 

まず、塗膜剥離が起こる根本的な原因は、下地である外壁材と塗料がしっかりと密着できていないためです。

塗装工事では、塗料を密着させるために塗料メーカーが定めている施工方法があり、その規定に従って

正しい施工を行う事で、塗料本来の性能を発揮する事ができます。なので、塗膜剥離の起こる施工不良とは

正しい施工を怠り、下地処理を満足にしない・下塗り塗料の選定が適切でない、等々何かしらの必要不可欠

な手順を省いている、という事になります。それでは、一つ一つの原因を更に詳しく解説していきましょう!

 

下塗り塗料の選定ミス

和歌山市 外壁塗装

外壁塗装での塗装工程は、下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りが主流です。その中でも、下塗り塗料の役割

上塗り塗料のように美観や建物の保護ではなく、下地である外壁材と上塗り塗料の密着性を高める事で、非常

大切な役割があります。また、この下塗り塗料は全て同じな訳ではありません、塗装する下地によって、

適した下塗り塗料を選んで初めて、上塗り塗料を活かす事ができるのです。なので、この下塗り塗料の選定を

誤ってしまうと、上塗り塗料が上手く下地に密着できず、早期的に剝離する原因となるのです。

 

下塗りが適切な方法で塗装されていない

和歌山市 外壁塗装

そもそも塗装工事では下塗り塗料に限らず、下塗り塗料も上塗り塗料も、全て塗布量や希釈量が決められています。

ですが、塗膜の始まりである下塗り塗料を塗装する際、適切な方法で塗装しなくては元も子もありません。

例えば、塗料を10としたとき希釈する水の量は5だとして、この比率で攪拌を行い、1㎡あたりに塗装する量が

1.5㎏以内、次の塗装までに3~4時間以上乾燥時間を設けなければならない、という規定だったとします。

それを、塗料が10に対して8の希釈を行い、1㎡あたり1㎏しか塗料を使わず、乾燥時間も1~2時間しか設けなければ、

希釈の時点で塗料が薄まり過ぎてしまい、塗料本来の性能は発揮されません。そして、塗布量も本来の塗布量よりも

少ないため、そこでも性能が低減されてしまいます。最後に乾燥のためのオープンタイムが短ければ、塗膜と下地の

間に空気が含まれ、剝離とは別にピンホール(気泡)や膨れの不具合が生じてしまいます。塗装工事には、このような

ルールの他にも、塗装を行う時の気温や湿度・天候なども配慮しなくてはいけませんので、経験が浅かったり知識の

ない職人では、塗膜剥離などの施工不良を引き起こしてしまいます。また、知識や経験が少ないという理由以外にも、

材料費や人件費を少しでも浮かそうと、意図的に手抜き工事を行う悪徳業者も存在しますので、外壁塗装工事を依頼

する業者の選定は慎重に行い、信頼のおける外壁塗装業者に相談しましょう!

 

下地処理が不十分

和歌山市 外壁塗装

塗料を下地としっかり密着させるには下塗り塗料が重要、というお話をいたしましたが、下塗りの更に下にある

下地の処理も非常に大切な工程です。下地の処理がしっかりしていなければ、下塗り塗料は下地に密着する事が

できないのです。ですので、下塗り塗料・上塗り塗料がどれだけ高品質で高耐久な塗料を使用したとしても、

下地の処理が適切でなければ下塗り塗料が密着できず、下塗り塗料が密着していなければ、上塗り塗料密着する

事はできません。下地処理には、高圧洗浄・クラックや爆裂箇所の補修作業・サビや旧塗膜を落とし、塗料の

食い付きを良くするケレン作業、という工程があります。それぞれの工程ごとに、適切な処理を施す事が必要で、

どこか一つでも作業を怠ってしまうと、全てが水の泡となり塗装後わずか数年で、再塗装を行わなくてはならな

い状況になります。下地処理は塗装作業の前に行われる工程で、まず高圧洗浄が行われます。新築時や前回塗装

時から、長年こびりついた汚れを落とします。洗浄をせずに塗装を行うと、下地と塗膜の間に汚れが入ってしま

いますので、塗料が上手く密着できないのです。次に、クラックや爆裂がある場合、シーリングやモルタルを使

用し穴埋めを行い、補修を施す事で下地を再生します。ケレン作業は主に、鉄部や塩ビの部材の箇所に行われます。

いわゆる付帯部です。鉄部はサビが発生しやすく、サビが残った状態では塗料が付着できないため、ケレンでサビ

を削り落とすのです。また、塩ビ素材の箇所は塗料が付着しにくく、ケレンで細かく目荒らしを行う事で付着力を

高める事ができます。これらの理由から、適切な下地処理を施さなくては施工不良が生じてしまうのです。

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、岸本建設まで是非一度ご相談ください(^O^)/

  • ショールーム紹介
  • スタッフ紹介

ご質問・ご相談にプロのリフォームアドバイザーがお答え致します!

0120-435-055受付時間 9:00~18:00

メール・お電話でも
お気軽にご連絡下さい

0120-435-055受付時間9:00~18:00

ご質問・ご相談にプロの
リフォームアドバイザーが
お答え致します!

メールお問い合わせはこちら
  • 岸本建設ショールーム