岸本建設情報通信|和歌山のリフォーム・外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店岸本建設

MENU

見積無料診断無料
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-435-055受付時間9:00~18:00

  • リフォームの相談がしたい ショールーム来店予約
  • リフォームの費用を知りたい お問い合わせ・ご相談

岸本建設情報通信STAFF BLOG

HOME / 岸本建設情報通信 / 【和歌山市】外壁塗装・屋根塗装の色が変わる原因|和歌山市リフォームと屋根外壁塗装専門店

【和歌山市】外壁塗装・屋根塗装の色が変わる原因|和歌山市リフォームと屋根外壁塗装専門店

外構屋根塗装外壁塗装コラム

2021.07.24 (Sat) 更新

和歌山市、海南市、岩出市の皆さんこんにちは(/・ω・)/

リフォームと屋根外壁塗装専門店の岸本建設です(^^♪

 

今回のブログでは、外壁塗装や屋根塗装の色が変化してしまうと原因についてご紹介させて頂きます。

 

塗膜の劣化

 

外壁塗装や屋根塗装は、塗膜が劣化する事により 色褪せや雨垂れの跡が残るようになってきます。

主に、日差しや雨風が当たることで 塗膜の劣化が生じます。

特に、日差しが塗膜に与える影響はとても大きく、日当たりの良い面は極端に劣化が早くなります。

 

色褪せ

 

顔料という、色を発色させる成分が劣化してしまう事が原因で、色褪せしていきます。

主に、長時間紫外線に当たっている面が劣化の起きやすい箇所になり、

外壁に触ると触れた場所に粉がつく【チョーキング現象】が起こる場合も、顔料の劣化が原因になります。

 

塗料はどうしても経年劣化していきますので、根本的な色褪せの対処はありませんが、

色褪せしても分かりにくい塗料で外壁塗装や屋根塗装をする事で、美観的なダメージは減っていきます。

 

雨垂れ跡

 

雨に含まれる汚れ、雨が当たった所が汚れが外壁を伝って流れていき乾燥することで、雨垂れ跡が生じます。

その他サッシ周りのコーキング材の劣化により起こる場合もあります。

劣化が起きる箇所は、雨が溜まりやすい 【庇・サッシ・笠木・換気フード】の下などです。

 

雨だれ跡の発生は、親水機能を持つ塗料を塗ることでを防止できます。

撥水とは違い、水滴を塗膜表面に馴染ませる事で、雨水の汚れを外壁に残さず 洗い流すことができます。

 

コケ・カビ・藻の発生

 

外壁塗装が緑色に変色してしまっている場合は、コケや藻などが生じていて、外壁塗装が黒く変色している場合は、カビが発生しております。

 

コケや藻が発生しやすい箇所は以下の通りです。

 

■湿気の溜まりやすい箇所

■ 風通しの悪い箇所

■ 日光が直接当たらない箇所

■ 緑が近くにある箇所

 

などになります。

 

また、カビは藻やコケを栄養とし繫殖しますので、藻やコケがすでに生じている場合は、カビが発生しやすい状況となります。

カビやコケの発生を防ぐためには、防藻・防カビ性能がある塗料を使用しましょう。

 

また、高圧洗浄時にバイオ洗浄をすることで、既存のコケや藻を洗い流し、再発する事が可能です。

 

サビの発生

 

鉄部の色が白や赤黒く変色している場合は、サビが生じています。

サビの発生理由としては、鉄部の表面に水や空気が接触している為です。

 

サビほ放置してしまうと、周囲や内部に浸食し 腐敗してしまう可能性が大いにあります。

サビを未然に防ぐ為には、外壁塗装を行う際 下塗り作業時に防サビ塗料を塗布します。

 

銅板に発生するサビは、「緑青」と呼ばれるもので このサビは、青や緑に変色しますが、銅内部の腐食を防ぐ事ができます。

そのため、基本的に銅板はサビは撤去・塗装は行いません。

 

施工不備と塗料の不具合

 

外壁塗装をしてから2、3年で変色が見られた場合、施工時に不備があったか 塗料に不具合があった可能性が高いです。

もし、早い段階で色が変わっていたら、まずは施工を行った業者へ連絡をしてみましょう。

 

施工不備

  • 塗料の攪拌(かくはん)が不十分
  • 高圧洗浄が不十分
  •  外壁塗装を行ってはいけない 気温5℃以下湿度85%以上の時に塗装をした
  •  塗装面に油部または水分が残った状態で塗装をした
  •  必要乾燥時間を守っていない
  •  規定塗布量で外壁塗装を行っていない
  •  塗料の薄めすぎ

 

塗料の不具合

  •  塗料の製造段階での不備
  • しっかり保管できていない塗料を使用した
  •  塗料自体の成分に不具合が起きていた

 

ブリード現象

 

シーリング材を施してある所が黒く変色している場合は、ブリード現象が起こっている可能性が高いです。

ブリード現象とは、シーリング材が劣化し可塑剤という成分が、侵食している現象です。

そして可塑剤とは、ある材料を加工しやすくしたり、柔軟性を与えたりする物質の事で、ゴム製品に含まれています。

これらは、経年劣化により粘着性を増す性質があり、

その為、シーリング材が劣化した周りの塗膜には、ゴミが付着しやすくなり 黒く変色してしまいます。

ブリード現象を防ぐには、ノンブリード性のシーリング材を使用するか、

塗膜には可塑剤が侵食するのを防ぐ専用のプライマーを塗布する、2つの方法がございます。

 

まとめ

 

外壁塗装や屋根塗装が変色してしまう原因をまとめますと、

🔹 塗膜の劣化による、雨垂れや色褪せ

🔹 コケ・カビ・藻の発生

🔹 施工不備

🔹 塗料の不具合

🔹 サビの発生

🔹 ブリード現象

と様々な理由がります。

いずれにせよ、この様な症状が見られた場合には、外壁塗装の塗り替えが必要になります。

放っておくと取り返しがつかない程 劣化が進み、人体への影響や住居不可能な状況にまで至ってしまいますので、

変色している箇所を見つけたら、まずは お近くの外壁塗装業者さんにご相談する事を、オススメ致します。

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、岸本建設まで是非一度ご相談ください(^O^)/

 

 

和歌山市・海南市・岩出市の地域密着38年・施工実績13,120件以上🏠

外壁塗装・屋根塗装専門店ショールームopen

岸本建設自慢の<<施工実績>>を是非ご覧ください!

和歌山地域密着の自社ショールームへのご来店予約がこちらから!

お客様からの声はこちらからご覧いただけます!

☑ 話しを聞く

だけでもOK👌

☑ お見積もりだけでもOK👌

まずは無料診断から☺

和歌山市外壁塗装

 

  • ショールーム紹介
  • スタッフ紹介

ご質問・ご相談にプロのリフォームアドバイザーがお答え致します!

0120-435-055受付時間 9:00~18:00

メール・お電話でも
お気軽にご連絡下さい

0120-435-055受付時間9:00~18:00

ご質問・ご相談にプロの
リフォームアドバイザーが
お答え致します!

メールお問い合わせはこちら
  • 岸本建設ショールーム
  • 協力会社様募集