岸本建設情報通信|和歌山のリフォーム・外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店岸本建設

MENU

見積無料診断無料
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-435-055受付時間9:00~18:00

  • リフォームの相談がしたい ショールーム来店予約
  • リフォームの費用を知りたい お問い合わせ・ご相談

岸本建設情報通信STAFF BLOG

HOME / 岸本建設情報通信 / 【和歌山市・海南市】雨漏りって結局何が原因なの?|和歌山市のリフォームと屋根外壁塗装専門店

【和歌山市・海南市】雨漏りって結局何が原因なの?|和歌山市のリフォームと屋根外壁塗装専門店

雨漏り防水

2022.06.06 (Mon) 更新

雨漏りに困らされているかた、必見!

和歌山市・海南市の皆様こんにちは!いつもお世話になっております。岸本建設です!。

このページにたどり着いたお客様はきっと雨漏りにお困りで、いまにもなんとかしたい!という方だと思います。

雨漏りというのは厄介なもので、一度起きると雨水の通り道を確立して次の雨漏りの原因となってしまいます。したがって雨漏り補修で大事なのは早期発見&早期対応ということになります。

また、雨漏りをしばらく放置すると、雨水により柱や梁の中へと腐食が進むことで、そこに黒カビや湿気だまりができてしまいます・・・黒カビはぜんそくなどの呼吸器系疾患の原因になり得ます。したがって、雨漏りは特に早い修繕を必要なのです。

そこで、雨漏り修繕を行うには私たち、岸本建設にお任せいただきたいと思っております!

私たち岸本建設は元々リフォームも手掛けていた会社でして、雨漏りの施工にも絶大な自信をもっています!

和歌山市海南市岩出市地域密着外壁塗装

しかし雨漏りについてよく知らない方にとっては、雨漏り修理を任せるのは少し不安なはずです。

そこで、そのような皆様に雨漏りについて詳しく知っていただくために、今回は雨漏り特設ページをご準備いたしました!

ぜひこちらのページで雨漏りについて知っていただき、安心して雨漏り修理をご依頼ください。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 雨漏りについて ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 

どうして雨漏りするの?

家の外壁や屋根はいつも雨水と常に接触しています。にもかかわらず雨漏りが発生することは、本来であればありません。どうしてしみこむようなことが起きないのでしょうか?

それは屋根塗装や外壁塗装の塗料による防水性能が雨漏りを防いでいるからなのです!性能や塗料のランク、天候などの条件にもよりますが、塗料の防水性能は最長で15年持続するといいます。

また、防水加工にも部位によって区別されており、一次防水と二次防水に分けられています。

外壁塗装や屋根塗装など外装による防水性能が雨漏りを防ぐことを一次防水と呼び、さらにその奥の防水シートなどが雨漏りを防ぐことを二次防水と呼びます。

一次防止である先述の塗料による防水が弱まってしまっても、実は雨漏りの原因には必ずしもつながりません。まだ二次防水が雨漏りを防いでくれるためです。ではなぜ雨漏り対策の一環で外壁塗装のメンテナンスが挙げられるのでしょうか?それは二次防水が完全ではないためです。一時防水が様々な理由で劣化してしまうと、段々と外壁の中へ雨水が入り込み、しみこみます。こうなると、様々なところからしみだしによる雨漏りが発生します。そうすると一目ではどこから雨漏りしているのかつきとめられなくなり、雨水の流入元が見つからなくなってしまいます。

実は雨漏りとはこれ以外にも4つの場所が原因となり得ます。世間的には雨漏りは屋根からする、という認識が多数派でしょう。

そこでここからは、4つの雨漏り要因を整理していきます。

雨漏りの原因その1.ベランダが元となる雨漏り

雨漏りの原因2分類

 ①ベランダにある防水シートや防水塗装が消耗したことによる雨漏り

 

 ②ベランダ周りの防水層が劣化することによる雨漏り

 

これら2つの理由はどちらも防水層を補修することで雨漏りを止めることができます。

多くの場合劣化した防水層は裂けや割れが発生し、雨漏りの原因になっているため、それが発生している層がどこかをまず特定します。

雨漏りを防ぐ防水層は

FRP

ウレタン防水

シート防水

アスファルト防水の4つです。

このうち雨漏りの原因となっている防水層をはがし、下地処理を施したのちに新しい防水層を施工することで雨漏り補修いたします。

ベランダにある排水溝のお手入れはしていますか?多くの場合この部分のお手入れができておらずゴミや雨水がたまってしまうことでベランダからの雨漏りは発生します。余計な雨漏りに悩まされないように日ごろからお手入れいたしましょう。

 

 

雨漏りの原因その2.外壁からの雨漏り

外壁からの雨漏り2分類

①クラックによる雨漏り

②劣化したコーキングからの雨漏り

です。

こうしたコーキングの劣化や外壁クラックからの雨漏りは、外壁塗装を補修したコーキングの上に施工することで雨漏り補修できます。

破損部位のみの対応ももちろん可能です。しかし外壁塗装で雨漏り補修を行う都合上、どうしても補修箇所が浮いてしまいますので、雨漏り補修だけでなくちゃんと見た目も維持したい!というお客様には全面の塗装をおすすめしています。

やはり家というのは過ごす場所です。雨漏りだけどうにかなればいいというよりは、見た目も美しく、雨漏りもしない方がいいですよね!

 

雨漏り原因その3.屋根からの雨漏り

屋根からの雨漏りの原因3分類。

 ①経年劣化した屋根材からの雨漏り

 ②浮いた板金からの雨漏り

 ③浮いたりずれたりしている屋根材からの雨漏り

これらは2つアプロ―チが考えられます!

まずは屋根の下地からのアプローチです。

具体的には屋根の葺き替え等を行う雨漏り補修を行います。

 一度屋根を完全に解体することで下地を見ながら雨漏り補修を行います。費用も工期も大きくなってしまいますが、屋根の下地を見ることができることで、雨漏りによる浸食具合を確認し、修理することができます!

また、雨漏り以外の症状にも効果てきめんです。

もう一つのアプローチは劣化した屋根の上に防水性能の高い屋根カバーを被せるやり方です。

これのいいところは、費用と工期がぐっと抑えられる点です。

屋根からの雨漏りを防ぐには、大幅な施工費がかかるという誤解がありますが、この方法であれば費用を抑えることができます。ただし下地の確認ができないので、再発には要注意です!

1段階目までで済ませる場合は、工期が短くなり、費用も控えめに抑えられます!

お客様にあった雨漏り修理の方法をお選びください!

 

雨漏りの原因その④ サッシからの雨漏り

窓際が濡れている!サッシからの軽度の雨漏りは実は結構散見されます。これらはサッシまわりの損壊程度によって対応が異なります。

 例えばサッシ下のコーキングが劣化しそこから雨漏りが発生している場合はコーキングを打ち直すだけで雨漏りを防ぐことができます。ベランダと直接接しているコーキングは劣化もしやすく、すぐに雨漏りの原因となってしまいがちです。

 一方で、サッシがゆがんで、その隙間から雨漏りが発生している場合はサッシそのものを取り換える必要が出てきます。こういった場合はサッシそのものの年数がかなり立っていることが多く、その間メンテナンスをしていないとなるとコーキングからの雨漏りも発生していることがあります

 

 

【雨漏り再発防止】修理したはずなのにまた雨漏りが!?

雨漏りを治したはずなのに気づけばまた住宅に雨漏りが発生している…実はこういうケースは少なくありません。

それぞれ原因は様々ですが以下のようなことが考えられます。

雨水の侵入口を見誤った

このケースは雨漏りの知見が十分でない方が雨漏り補修を行った際によくみられます。先に述べた通り雨水の原因はわかりづらく、雨漏りしている箇所を補修しても本当に直すべきではそこではなかったということが起きがちです。

雨漏り補修に必要なことは、雨漏りの原因を網羅的に調査することなのです!

雨漏りの原因が残っていた場合

雨漏りの原因を補修するには、一つのアプローチではダメな場合が多々あります。サッシの雨漏りを補修したが、ベランダからの雨漏りを見逃していた、屋根からの雨漏りかと思っていたが、外壁からの雨漏りを見逃していた…などなど、雨漏りの理由は様々です。このため一つの雨漏り原因を潰してももう一つの場所から雨漏りしていた、ということが起こり得ます。

そもそも老朽化が原因で雨漏りしていた

正直なところ、これを見抜くことは至難の技です。というのもこの場合、一度は施した雨漏り修理で完全に雨漏りが止まるためです。問題はその雨漏りが発生している部位が劣化しており、同じ場所で再度雨漏りが、ということなので、何度雨漏り補修を施してもいたちごっこになってしまいます。

雨漏りに対して正しい対処ができていない

これまで述べてきたように、雨漏りの原因にはそれぞれ適切な対処法があります。これを知っていても、雨漏りの原因に正しくアプローチすることは大変難しいといえます。そのため雨漏り補修を施したはずなのに雨漏りをしてしまうといったことが起きるのです。

雨漏りを完全に直すにはプロに聞くべき!

雨漏りの補修が一朝一夕ではないことは十分皆様に伝わったかと思います。もちろんケースバイケースではあるものの雨漏りを知見の無い方が完全に補修することは不可能なケースが多いです。
岸本建設はリフォームという下地を持っている外壁塗装会社です。

雨漏りなどを完璧に直し、皆様の大切なおうちをお守りすることをお約束できます。
ぜひみなさまからの雨漏りについてのお問い合わせお待ちしております。

 

雨漏りについてのお問い合わせはこちらから!

 

 

  • ショールーム紹介
  • スタッフ紹介

ご質問・ご相談にプロのリフォームアドバイザーがお答え致します!

0120-435-055受付時間 9:00~18:00

メール・お電話でも
お気軽にご連絡下さい

0120-435-055受付時間9:00~18:00

ご質問・ご相談にプロの
リフォームアドバイザーが
お答え致します!

メールお問い合わせはこちら
  • 無料相談実施中
  • 岸本建設ショールーム
  • 協力会社様募集